トップ > オルター通信一覧 > たまごパックや空き箱など、ご家庭での保管の際には 「ニオイ移り」に十分注意してください 

2021.03.02 オルター通信1684号
たまごパックや空き箱など、ご家庭での保管の際には 「ニオイ移り」に十分注意してください 

配送員が回収の際、ニオイの確認を始めました
香害で苦しんでいる方がいらっしゃいます。皆さまのご協力が必要です

以前、オルター通信でご案内したとおり、オルターでは香害について、化学物質過敏症で苦しんでいる方が増加している昨今の情勢を鑑みて、昨年来、スタッフの意識向上を目的としたポスターの掲示・朝礼での訓示・香料等の使用禁止に対する同意書の提出など、柔軟剤や芳香剤の追放にこれまで以上に徹底して取り組んでまいりました。

もちろん同時に生産者への呼びかけも行ってきましたが、最近また、回収されたたまごパックなどリユースのものから体調に影響するほどのニオイがするといった問い合わせが数件、続いております。

回収物を確認すると、パックの空け口の部分がとくに酷く、ハンドクリームのニオイがそのまま残った状態で、化学物質過敏症などの敏感な方は間違いなく卒倒するレベルでした。

たまごのパックはニオイが付きやすく、仕分けの際に十分注意していますが、リユース品である以上、社内や生産者側での徹底だけでは完全に追放することは困難です。

そこで、皆さまにはお手を煩わすことになりたいへん申し訳ございませんが、ご家庭でのリユース品の保管の際、クリームなどを塗った手で触らない、触る場合は手袋をする、芳香剤や消臭剤の置いていない場所で保管するなど、ご協力をお願いいたします。

また生産者によっては、他団体などにも出荷されていて、そこからの回収容器については徹底するのは困難です。したがって、他団体などの回収物と混じらないよう生産者にも徹底していただくことになりました。

今後は配送員がニオイのチェックをし、酷い場合は対象物を廃棄することになります。
同じご家庭の回収物からニオイが続く場合は廃棄に関して発生する実費をご負担いただくことになります。予めご了承ください。

人命に関わるたいへん重大な案件です。
オルターはより多くの皆さまに安心安全な品ものをお届けする使命をあらためて肝に命じ、今後も一層精進してまいりますので、皆さまのご理解とご協力を宜しくお願い申し上げます。

●以下のような合成香料の使用にご注意ください。
たまごパックや空き箱への移染だけではなく、皆さま自身の健康に重大な悪影響を及ぼします。

香りのついたシャンプー、リンス、柔軟剤、消臭剤、除菌スプレー、香水、デオドラントスプレー、整髪料、染毛剤など

持尾物流センター センター長 松浦
物流管理部 課長 小浦浜
冷蔵部門責任者 上木

 

 

 

休会またはその他の理由により、
現在ご注文機能を停止しております。

注文再開を希望される方は
オルター本部までご一報ください。

お電話から
0721-70-2266
WEBから
info@alter.gr.jp
CLOSE