トップ > オルター通信一覧 > 米ワクチン接種 アレルギー反応

2021.01.26 オルター通信1679号 
米ワクチン接種 アレルギー反応

朝日新聞 2021年1月8日版より転載

21人に呼吸困難など

米国内で新型コロナウイルス感染症のワクチン接種を受けた約190万人のうち、21人に呼吸困難などのアナフィラキシーと呼ばれる強いアレルギー反応が起きたことがわかった。米疾病対策センター(CDC)などが6日付の週報で公表した。
ワクチンは、米製薬大手ファイザーとドイツのバイオ企業ビオンテックが開発したもの。昨年12月14〜23日に報告されたデータを分析した。接種後に有害事象(ワクチンとの因果関係にかかわらず、接種後に起きた好ましくないできごと)が報告されたのは4393人(0・2%)。このうち175人は重いアレルギー反応の可能性があり、21人はアナフィラキシー反応と判断された。

 

休会またはその他の理由により、
現在ご注文機能を停止しております。

注文再開を希望される方は
オルター本部までご一報ください。

お電話から
0721-70-2266
WEBから
info@alter.gr.jp
CLOSE