トップ > オルター通信一覧 > 磁性鍋価格改定のお知らせ

2019.07.16 オルター通信1602号
磁性鍋価格改定のお知らせ

磁性鍋価格改定のお知らせ
株式会社精膳
河野武平(オルター顧問)

おかげさまで磁性鍋の販売から10年が経過しました。今では、日々製造に追われています。うれしい悲鳴ですが、現場の実情を見ていますと、これが限界ではと思われる事例が多々存在しています。
陶磁器などの窯業業界は、最先端のIT のセラミックスパーツと古来からの和洋食器等に二分されており、和洋食器の業界は、最盛期の1/20以下の生産量に衰退し、売り上げでは1/30以下であり、タイル業界は、ほぼ100%、日本での製造が無くなっています。衰退する業界の常として、高齢化した従業員が、辛うじて持続している有様となっています。
磁性鍋は、従来の土鍋とは異なり、陶磁器に機能性を付加した新たな調理道具であり、日本初の量子物理学を組み合わせた機能性陶磁器で、現状の市場からの要望から判断すると市場は拡大すると判断できます。今後、磁性鍋を安定し製造するには、従業員の若返りと技術伝承が欠かせず、最低賃金法で定められている最低賃金の支払いで持続することは、ほとんど困難です。因みに、現在の工場長の年齢は、80歳、多くの従業員も70歳代です。現場の環境は、釜に火が入っていると工場の温度は50度を超え、環境衛生の面からも、大きな問題があり、その上に、トンネル釜も既に老朽化しており、刷新の時期にきており、新たな投資が求められています。
工場の経営形態の改善以外に磁性鍋の持続は困難と判断し、新たな価格の改定を実施し、工場の安定経営への転換を緊急に進める予定です。
価格改定は9月1日の出荷分から実施する予定で現在進めております。
私事ですが、現在、定期的に各地で磁性鍋取り扱い等に関する料理教室も実施しておりますが、あと半年で傘寿を迎えることになり、後継者へバトンタッチする最後の仕事と認識しております。

休会またはその他の理由により、
現在ご注文機能を停止しております。

注文再開を希望される方は
オルター本部までご一報ください。

お電話から
0721-70-2266
WEBから
info@alter.gr.jp
CLOSE