トップ > オルター通信一覧 > 安食連ご購読のおすすめ

2019.01.15 オルター通信1576号
安食連ご購読のおすすめ

安食連「お知らせ」654号 ご購入のおすすめ 
2018年12月20日発行
安全食品連絡会 副会長 嶋村洋子

◆ 豊中伊丹ごみ処理場見学報告 10月25日 (P2~3)
市によって分別がしっかりとしているプラスチックごみ。どのような流れでリサイクルに回っているのか見学に行ってみてその実態を知りました。
◆プラスチックの話 (5)(P4~6)
プラスチックごみに対して世界や日本が取り組んでいること。そして私たち消費者が出来ることとは。未来に禍根を残さないためにももっと真剣に考える必要があります。
◆SDGs(持続可能な開発目標)から見たプラスチックの話(P7)
プラスチックごみを焼却したりリサイクルで集めたものを海外に輸出したりしている日本は、多少の不便を超えて何としても消費量を減らしたい。その理由をSDGsから見て整理しました。
◆「ゲノム編集技術の利用により得られる生物のカタルヘナ法上の整理及び取り扱い方針について」
環境省の国民の意見(パブリックコメント)募集に対し安食連も意見提出 (P8~9)
遺伝子にはさみを入れて切り取り改変するゲノム編集技術が生物多様性にとって危険性や悪影響はない、遺伝子組み換えとは別物で規制の必要もないとする方針に政府は意見を募集しました。
◆講演会報告 エシカルとは 11月4日(P10~11)
商品を買うとき何を優先して選びますか。エシカルとは倫理的、道徳的という意味で、中世から近代にかけて活動した近江商人の「三方良し」と言われてきた思想と行動哲学に学ぶところ大である。
◆原発事故が起きた時あなたはどうする?(P12~13)
最近の自然災害は温暖化の影響なのか、これまでに類を見なかった大災害が増えている。このような中でわが国は福島原発事故処理もせぬまま原発を再稼働させているが、また大災害と過酷事故が同時発災した時、私たちがどう行動すればよいかの提案です。
◆講演会記録「種子法廃止」安田節子氏(P14~17)
突然廃止された「種子法」と遺伝子組み換え表示の問題、12月30日に発効するTPP11が一つの目標に向かっている、多国籍企業群の日本支配への布石であるということに気付かされる講演でした。
◆ ほんの紹介 「種子法廃止をどうする?」(P18)
種子法が廃止されただけでなく、農業競争力強化支援法という法律もでき種子法廃止と同様に満足な議論もなく与党多数で採択されてしまった。食べることを儲けやビジネスから考えてはいけない。
本書はいろんな立場の人の意見を知ることが出来る。
別刷
・海洋プラスチック汚染とはなにか 世界 2018/11
・香害 第10回 DIAMOND ONLINE 岡田幹治氏
・「放射線のホント」の撤回を求める全国署名にご協力を
・買ってはいけない「食品用ラップ」 週刊金曜日
2018/10/5

■安食連の会報のご注文は
注文番号 50500 「安全食品連絡会会報」お知らせ
※翌々週届となります
A4版 16~18頁(別冊有) 定価200円(+税)
今週配布の2019年2月1週号OCR注文用紙でご注文ください。

休会またはその他の理由により、
現在ご注文機能を停止しております。

注文再開を希望される方は
オルター本部までご一報ください。

お電話から
0721-70-2266
WEBから
info@alter.gr.jp
CLOSE