トップ > オルター通信一覧 > 自然耕房あおきの圃場報告

2016.11.22 オルター通信1467号
自然耕房あおきの圃場報告

女性だけのオーガニック農場組織!
5ヶ年計画で完全循環型農業の
理想的なスタイルを目指します!

株式会社 精膳 河野 武平
(オルター顧問・磁性鍋の生産者)
自然耕房あおきの圃場報告
9月の雨天続きで作業は大きく遅れていますが、11月の好天を期待して、播種遅れですが、次々と播種を続けています。ホーレンソウ、小松菜、青梗菜、春菊、大根、レタス、春ゴボウ等、約1haの播種が終わりました。
青木伸一氏が亡くなり、11月で1ヶ年になります。この間、年間200日以上圃場に立ち、何とか継続できる目途が経ち、次へのスタートの準備に入りました。自然耕房あおきを法人化することが故青木氏の計画書に記載されていましたが、偶然にも、そのための設立準備を19日に開催し、参加者全員の賛同が得られ、一歩前進です。
法人は株式会社として、組織は全て女性。代表者は奥さんの青木美恵さん、他には区長の奥さん、他の3名は大阪や東京からIターン30代1名、40代2名、50代1名、60代1名、IQは大変高く、博士1名、修士1名、地方企業では考えられないメンバー構成になりました。理念は故青木伸一氏が描いていた道を継続することで一致し、その延長として、シュタイナーの学校
教育に近づけたい人、完全な循環農業を目標としていた人、デザイナーとして農業素材を演出したいなど、大きな夢を描かれ組織が出来上がりつつあります。
現在の従業員は、最低賃金法に基づく金額しか支払ができておらず、それでも赤字ですが、この圃場の余力は現状の約5倍~10倍はあり、最低賃金からスタートとして、次は資金をどのように獲得していくのか、クリエイティブにトライして発展させていくことで全員が納得されました。
女性だけのオーガニック農場組織、安全と安心は、女性の力から!次回は27日の設立準備の会を予定しています。このような生産農業法人組織は、日本では初めてと思われます。5ヶ年計画で家畜の飼料から野菜園芸、全てを自己圃場で完全循環型農業の理想的なスタイルを目指します。

休会またはその他の理由により、
現在ご注文機能を停止しております。

注文再開を希望される方は
オルター本部までご一報ください。

お電話から
0721-70-2266
WEBから
info@alter.gr.jp
CLOSE