トップ > イベント・お届け品ニュース一覧 > 光線治療セラピー オルターリゾートカナン

10/21(金) 光線治療セラピー オルターリゾートカナン

日付
10/21(金)

2022年10月1週号・号外

オルターリゾート カナン
光線療法とはどういったものでしょう? 
文責  オルター顧問 山本朝子

七色の光のめぐみ図1
古来より私たちは太陽光線の治療効果を経験的に知っており、正しい日光浴は病気治療の一つの手段となっていました。

例えば、くる病の原因が日照不足であること(日照不足→ビタミンD不足→カルシウム不足→くる病)や、ホルモン分泌への影響(月経や性衝動の減退)、自律神経や精神活動への影響(昼夜逆転生による心身疲労、日照時間が短い季節のうつ病症状など)はよく知られたところです。人は生きていくうえで、安全な食べもの、水、酸素を必要としますが、これらはもともと、はるか太陽から届く光のエネルギーをもとに作られるもので、人体そのものもまた、直接、光(太陽)を身体に受けることを必要としています。太陽の光なしでは、生成できない栄養成分、ホルモン分泌が存在することを今一度再認識するべきです。

総合可視光線治療とは?
太陽光線のように、赤外線、可視光線、紫外線の全ての波長を連続的に含んだ光を「可視総合光線」と呼んでいます。
光はそれぞれの波長ごとに人体への効果が異なります。赤外線治療や紫外線治療など特定の波長のみを取り出して治療に使う方法も広く使われていますが、人間に本来備わっている自然治癒能力を増進させる目的においては可視総合光線が最も適しているといえます。

オルターリゾートカナンで受けることができる光線療法は、可視総合光線による自然治癒能力増進セラピーで、治療器用カーボン電極をアーク放電させて得られるカーボンアーク光を光源としています。この光のスペクトル分布は太陽光線のそれに近く、人工太陽と呼ぶにふさわしいものです。
カーボンアーク光は太陽光と同じ連続光でありながら、人体に有害であることが判明している短波長の紫外線を含まない「人にやさしい光」です。

攻撃的な波長を含まない太陽光線を人体に照射することにより、免疫力は高まり、ホメオスタシスが整います。すると自ずと、健康は増進され、病気の症状は回復、軽減していくものです。アーク光の発明は今から約130年前の1893年、ニールス・R・フィンゼンによるもので彼はこの療法で皮膚結核の治療に成功し、1903年ノーベル医学生理学賞を受賞しています。

有害な光線を選んで省き、日光を裸身に浴びることによって、自然治癒力を高める。いわば、オルターでは太陽光線もオーガニックに活用していきます。オルタナティブ太陽とも呼べる光線治療器を使って、未来のある楽しい生活を送りましょう。蛇足ですが、オルターが提供する最適調理器具=酸化還元力のある磁性鍋の中に入って若返りたいと冗談を言ったことがありますが、まさしく、裸身でこのオルタナティブな光線ドームに入り健康、若返りも期待できる時代になりました。

光と効果

紫外線UVA     
免疫に対しての作用と効果
活性ビタミンDを生成
免疫系を活性 → 細菌感染やウイルス感染、がん細胞の発生と増殖 を抑制
→ 各種アレルギー症状に見られる免疫の過剰反応 自己免疫疾患を改善
カルシウム代謝の促進 → 骨形成の強化、細胞内カルシウム、血中カルシウム濃度の維持(反応性の改善)

赤外線
毛細血管に停滞しがちな黒い血液に直接浸達 → 熱輻射による血流改善
熱殺菌効果(ウイルス、がん細胞)
発汗とデトックス効果の増大

総合可視光線
眼から視交叉上核より視床下部に入り、3つのシステムを安定させる(自律神経系、ホルモン系、免疫系)
ただし、3,000ルクス以上の光が必要、カナンの光線治療器は10,000ルクス以上、ふつうの室内灯は300ルクスから500ルクスです。

実績(ふきのクリニック)
①免疫アレルギー疾患の緩和
②自律神経失調症、うつ状態の緩和(抗うつ薬回避)
③生活習慣病の改善
④疼痛性疾患対策
⑤がん予防、がん患者の再発防止
⑥皮膚病の完治
⑦骨粗鬆症の進行を抑える
⑧低体温症克服
⑨食欲不振の改善
⑩風邪やインフルエンザに罹病しにくい体作り
他疲労回復、健康増進、美容効果もあり

光線治療セラピーの流れ(1クール 1時間)
問診票記入、着替え等準備10分 ➡ アーク光照射40分(裸身) ➡ 着替え、水分補給、質疑応答等10分

光線治療 4,000円(税込)

TEL:080-9923-2741 までお電話でお申し込みください。

休会またはその他の理由により、
現在ご注文機能を停止しております。

注文再開を希望される方は
オルター本部までご一報ください。

お電話から
0721-70-2266
WEBから
info@alter.gr.jp
CLOSE