トップ > イベント・お届け品ニュース一覧 > ママ・ビーガーデニンググループ募集 &オルターリゾート・カナンでバザーを開きませんか?

07/17(日) ママ・ビーガーデニンググループ募集 &オルターリゾート・カナンでバザーを開きませんか?

日付
07/17(日)
時 間
10:00~15:00

オルターリゾートカナン運営報告2022 年5月(開所から2か月を経過して)ボランティアグループ活動による「ママ・ビーガーデニング」は心理療法に繋がります!
文責 オルター顧問 山本 朝子

◆カナンの庭再生の仲間募集の成果
カナンの庭には、
①業者さんを入れたくない(オルター基準ではない資材を使われたくない、また、来てくださるスタッフが香害問題を持ち込んでしまいかねない)。
②生活の安全&安心に関する認識が高いオルター会員のボランティア人海戦術で整備するしかない。
③仲間内、会員の間で、貴重な「種と苗」をも、無償で分け合って守りたい。
①~③を基本としようと考え、仲間を募集したところ、なんと20名ほどの応募がありました。ありがとうございます。

4月10日に第一回のミーティング、そのあとすぐに、ボランティア活動開始、草抜き、園芸道具の整理、造園計画作成と、活発に活動しています。そんな折り、皆さんの楽しそうな会話、こぼれる笑顔、巡り合ってまだ間もないはずの「カナンの庭」への高まる愛着を見ていて、そうだ!と、とても大事なことに気付いたのです。つまり、カナン庭の再生は、まさしく、ストレス社会の病的背景から無理なく逃れ得る「ガーデニング療法」となり得る、ということです。

◆自然と触れ合うガーデニングの魅力
様々な難病が闊歩する現代社会、原因はいつも煙にまかれ、根治の術はないとされ、せめてもの救いにと提案される対症療法で、実は不要な医療行為をあれこれと重ね、余計な投薬をされ、そこになかった病態を増やすことも多いです。そうです!原因と結果を結びつけないように仕組まれた「薄い毒性」のミルフィーユから逃れ、草木、花木、樹木、コケ、地衣類と近しく、ゆったりとした時間を過ごす、虫や小動物と共生し、土壌菌(バクテリア)を友人とするのがカナンでのガーデニングです。

小鳥のさえずりを常とし、谷川のせせらぎをBGMに働く、大きな羽ばたきの音に顔を上げると、頭上を雉(きじ)のつがいが飛んでいく、すると、ふと気づきます。大自然の脈拍の中で時を過ごす事の大切さ、土を触る感覚、目に見えぬ無数のいのちと触れあうことの大切さに!都市型生活で必要とされる、狭くて、なにかに焦点を合わせた集中力とは全く異質な、リラックスした、没入型の集中を果たすのです。裏側から透かして観れば、「薄い毒性」のミルフィーユが遠ざけてしまったこれらとの共生こそが、難治とされる病態からの生還の可能性を示してくれています。

◆新しい研究が証明したガーデニング療法の効果
こんな研究が進んでいて、学術誌「Psychopharmacology」で発表されています。
泥やホコリにまみれる環境にある農村の子どもたちや、ペットとともに育った子どもたちは、ペットのいない都市部の住人よりも強い免疫システムをもっており、精神疾患のリスクが低い傾向がある…こんな昔から、私たちが何となく気付いてきたことが実験され、証明されたのは興味深い。

以下、抜粋編集
「現代社会では、われわれ人間の大部分が農業や狩猟採集生活から遠ざかり、都市部で暮らしている。それからというもの、確かに生活はより便利になったが、同時にわれわれの健康に貢献してくれる微生物との接触からも遠ざかってしまったのかもしれない。近代社会で増加傾向にある疾患に、花粉症をはじめとするアレルギー、ぜんそく、自己炎症性疾患、ストレス関連からくるメンタルヘルス障害、自己免疫疾患、いわゆる病因不明の難病がある。その原因のひとつとして、すべてのものに抗菌剤を使用する過剰清潔社会が疑われているが、われわれが泥や土に触れる生活から離れたことも一因であることが、新たな研究により示唆された。
土壌に生息する腐生性細菌マイコバクテリウム・ヴァッカエ(Mycobacteriumvaccae)には、抗炎症や免疫調節、ストレス耐性などの性質がある。つまり、この人類と共進化してきた細菌が持つ特殊な「脂質」が上述の難病から人を遠ざける保護効果を持つことが分かったのだ。これらが免疫細胞に取り込まれると、薬箱を開く“鍵”のように作用して、受容体と結合し、数々の連なる炎症反応を遮断する脂質を放出することが実験で証明されたのだ。」

※実験について

米コロラド大学ボルダー校の統合生理学教授クリストファー・ラウリー博士の研究チームは、マイコバクテリウム・ヴァッカエに特有の「(10Z)ヘキサデセン酸」と呼ばれる脂肪酸のみを取り出し、化学合成して、それが免疫細胞のひとつであるマクロファージとどのように相互作用するかを調べた。するとこの脂質は、細胞内でペルオキシソーム増殖因子活性化受容体(PPAR)と結合し、炎症を引き起こす多数の経路を阻害することがわかった。

さらに炎症反応を促す刺激を与える前に、細胞を同脂質に晒した場合では、炎症に対する耐性が強化された。

●ママ・ビーガーデニンググループに応募します  注文番号  76005

●オルターリゾート・カナンでバザーを開きます
日時:7/17(日) 10時~15時

※雨天の場合は室内にて決行
※シートテントなどはご自分でご用意ください。

あなたも参加しませんか? 売り上げは全てお持ち帰りいただきます。
バザー参加出展料金 1区画…1.8m×1.8m(1坪) 550 円(税込)
1区画 注文番号 76012   2区画 注文番号 76029

※2区画以上の場合は要相談

お申し込みの皆さんには出展内容をお伺いするオンライングループに入っていただきますので、緊急連絡を受けることができるメールアドレスをお持ちの方に限ります。

◎カナンの庭に、合計50区画を予定しています。(集まった出店費、ボランティアチームの売り上げは、ボランティア活動費とさせていただき、オリーブやミモザ、ニセアカシアのような高木やプール棟に配置する観葉植物を購入予定です。)

◎ママ・ビーブース出展品…リースや苗。手作り品など。冷たいハーブティーとムースなど。

※当日のバザーへの一般参加者さんの送迎、食事や宿泊、セラピーの申し込みなどは6月の初旬に行います。お客様としてもご参加よろしくお願いします。
※詳細は後日チラシにてお知らせいたします。

休会またはその他の理由により、
現在ご注文機能を停止しております。

注文再開を希望される方は
オルター本部までご一報ください。

お電話から
0721-70-2266
WEBから
info@alter.gr.jp
CLOSE