トップ > 新米おためし企画

玄米の炊き方

 玄米・雑穀などの未精白の穀物(以下、穀物と呼びます)は生きています。だから、浸水すると目を覚まし、胚芽が発芽の準備を始めます。この「発芽モード®」になったとき、穀物はからだに優しくなり、重要な成分を含む素晴らしい食べ物になるのです。

 穀物を発芽モード®にするには、穀物をよく洗い、定量の水で、常温なら12時間以上浸水させるだけで。簡単です。玄米を料理に使う日は、仕事に出かける前に定量の水と玄米をセットしておきましょう。12時間経てば発芽モード®に入っているので、家に帰った頃にはそのまま料理に使えます。気温が低い時は、40度くらいのお湯から浸水させるとよいでしょう。

 もし浸け忘れたり、時間の都合が合わないときは、炊飯器の保温機能を使うと、2時間で最速・最大に活性化できます。

炊飯器で2時間でできる発芽モード®穀物

  • 1.穀物をよく洗う(雑穀は裏ごし器を使って水を切ると良い)
  • 2.玄米・雑穀を炊飯器の内釜に移し、規定量の水を入れる。
  • 3.炊飯器の保温スイッチを入れて、15分間フタをする。
  • 4.水温が15分で40度程度に上がるので、炊飯器のフタを開け、保温状態のまま2時間放置して吸水させる。

  文責:NPO 安全な食べものネットワーク オルター 副代表 山本朝子

どうぞお気軽にお問い合わせください。

TEL.0721-70-2266

受付時間 月~金  9:00~12:30、13:00~17:00

web_order@alter.gr.jp

からだ・こころ・暮らしを大切に。本当に安全な食べもの全般をお探しなら、
オルターへのご入会をおすすめします。

休会またはその他の理由により、
現在ご注文機能を停止しております。

注文再開を希望される方は
オルター本部までご一報ください。

お電話から
0721-70-2266
WEBから
info@alter.gr.jp
CLOSE