提携米アキタコマチ 赤身ヘルシー牛肉
バックナンバー
 筋診断法・気功太極拳勉強会のお知らせ 6月13日(土)・6月14日(日)・・・大阪2015.05.24 
 オルター食品放射能分析センター 速報 2015.05.24 
 イベント案内2015.05.24 
 6/14(日) 新入会者対象 プレミアギャザリング 1st STEP  基礎編 2015.05.16 
 野菜塾 〜グレインCC野菜マイスター講座〜 2015.05.16 
 オルター食品放射能分析センター 速報  2015.05.16 
 イベント案内 2015.05.16 
タナカファームの たまごでケーキ作り
カタログ2014年12月1週
オルター食材100%のXmasケーキ。




 大阪府羽曳野市にある、地元でおいしいケーキ屋さんと評判の(株)フラワー植松 太施さんにオルターとして、オルター食材100%のXmasケーキ「ブッシュ・ド・ノエル」を作っていただくことになりました。飾り付けも子どもたちが喜ぶよう楽しく仕上がっています。



 使用原料は、オルターいち押しタナカファームの、エサ・飼い方にこだわった平飼有精卵をふんだんに使っているほか、よつ葉乳業の生クリーム、国産小麦粉、種子島甘蔗分蜜糖と、全てオルター食材です。
 フラワーさんとは、先代の植松 勝さんがタナカファームのたまごをロールケーキなどの原料に使っていたことから存じ上げており、おいしい味を追求して、最高級のたまごを選択する職人魂はたいしたものだと思っておりました。しかし、小麦粉はポストハーベスト農薬が心配な輸入小麦を使っていたため、当時オルターとしては提携することができませんでした。


 今回は、オルターサポート委員の柳本 恵子さんの仲介でフラワーさんとオルターとの提携が実現しました。柳本 恵子さんは柳本 信雄オルター顧問歯科医師の奥様です。オルターが腕の良いケーキ屋を探しているということから、クリニックの患者として来院されているオルターの会員でもあるフラワーの植松 太施さんをご紹介いただきました。
 植松さんは、二代目ですが、フランスや広島市で修業をして立派に腕をあげてきました。食の現状を強く警告したフランス映画「不安な食卓」を地域で上映するなど、市民活動にも熱心です。有機小麦を自社挽きにしたり、自然栽培米を原料に導入するなど食の安全にも取り組んできました。
 オルターとしては、子どもたちに喜んでもらえるよう、フラワーさんにさらにアイテムを増やしていただきたいと考えています。
フラワーのブッシュ・ド・ノエル(Xmasケーキ)
●原料
[生地]
たまご 
甘蔗分蜜糖 
国産小麦粉 

[クリーム]
生クリーム 
甘蔗分蜜糖 



タナカファーム(大阪府河南町) 拙著「あなたのいのちを守る安全な食べもの百科」p.79参照
新光糖業 SC糖(鹿児島県産) オルターカタログ2000年4月1週号参照
徳島製粉「きたほなみ」(北海道産)


よつ葉乳業(北海道産)
同上

●製造工程

原料の計量
生地のミキシング
生地の焼成
生クリームホイップ
クリームサンド

成型
表面仕上げ
カット
飾り付け
冷凍
市販のケーキの 問題点
市販のケーキの問題点を挙げると、小麦粉はポストハーベスト農薬のある輸入小麦粉。生クリーム、バター、たまごなどは餌が遺伝子組み換え・ポストハーベスト農薬のある輸入穀物や飼料添加物、飼い方は動物医薬品などに問題があります。チョコレートは遺伝子組み換え・ポストハーベスト農薬のある大豆レシチン、放射能汚染の心配な乳製品などの問題。イチゴは農薬だらけ。その他ショートニング(トランス脂肪酸:ガン、心臓病、精神病)、ブドウ糖、洋酒、乳化剤、膨張剤、香料、着色料、糊料、カゼインNa、セルロース、リン酸塩などが使われています。