トップ > オルター通信一覧 > スマートメーターからアナログメーターへ交換できました

2018.02.27 オルター通信1531号
スマートメーターからアナログメーターへ交換できました

ご報告 スマートメーターからアナログメーターへ交換できました
匿名希望


1.これまでの経緯
1年半前に既設のスマートメーターをアナログメーターに交換するよう交渉。関西電力北摂営業所に出向き、話をするがスマートメーターの電磁波はきついにもかかわらず、小さいと説明される。また、電磁波は四方八方遠方まで飛んでいるにもかかわらず、電柱に向かって飛んでいる絵を見せられ、家に向かって飛んでいるのかは、わからないとごまかされる。
再度、北摂営業所に電話、担当者Nも含め、社員は電磁波過敏症を知らず、説明するがNには初め電話口で大声を出される。さらに詳しく説明しても、会社の方針としか答えない不誠実な対応をとられ、断固としてアナログに交換しなかった。
まさに電話で交渉の最中に、向かいの大家宅のアナログメーターがスマートメーターに交換される。我が家はまともに影響を被る。交換会社を引き止め、アナログへ戻すよう交渉したが拒否された。さらにスマートメーターにしないと新電力会社に移行できないという間違った情報を断言していた。

2.スマートメーターへの応急処置
やむを得ず、スマートメーターをシールド生地やアルミシートでくるみ、応急処置をした。その作業時間は1日10分程度が限度で、3日間かかった。その際に私は、吐き気、むかつき、ふらつき、不正出血(3日間)の症状が出た。

3.体調が悪化
電磁波と電磁波が出会うと、相乗効果で劣悪な状況を生むそうだ。さらに非協力的な南隣の家によって、台所の目前の隣家の壁面に太陽光発電の変換器を取り付けられた。ドライヤーレベルで、絶対大丈夫と断言(大阪ガス)。ドライヤーは低周波の高い家電のひとつで、空恐ろしい思いをした(アルミ入りのパネルを張り巡らすことで対応)。
その他、我が家の台所前は南隣の家の喫煙スペースでもある、隣家の無線LANも入ってきている、裏の空き地が農園になった(無農薬農園のはずが窓を開けると体調が悪化する)、大学の支援センターが支援してくれない、といった悪いことが重なってしまい、子どもの体調が、外出が困難なほどに著しく悪化していった。
4.1年半後、突破口を開いてくれた北隣の家
北隣の家が、アナログからアナログへ交換に成功してくれた。電話交渉時に、「法律で決まっている」と間違った説明を受けるが(スマートメーターへの交換は法律で決められていない)、「健康被害が出ているんでしょう」と反論してくれ、交換できたそうだ。
これを受けて私どもも、関西電力の社長宛に内容証明郵便を送付した(内容は著しい体調悪化を理由にスマートメーターからアナログに交換を要望するもの)。すると、前回と同じ担当者Nから電話があり、面談し状況を確認してからと言われたが、一蹴し、即アナログへ交換となった(昨年は低姿勢に出て失敗しているので、今回は強気で対応)。その後、担当者Nから上司のHに交代してもらい話を進めた。

5.平成36年3月期限のアナログに交換
これより長い期限のアナログはないと言われたので交換することに(本社の担当者Kにも確認)(本社の担当者Kは、国の方針が変わったから会社の方針が変わり、アナログの要望を聞き入れられるようになったとも言っていた)。
交換時にこの次はアナログへの交換ができないことを了承するように言われるが、その時は社会の状況が変わっているだろうと答えておいた。
今後アナログ存続に向けての気運が高まり、またスマートメーター問題が広く国民に知られることを切に願っている(大手メディアでは取り上げない)。そのためにもこの問題を一人でも多くの方に広めていただきたい。
今後、水道やガスメーターが追随すると、住宅地及び住居内でのとんでもない環境悪化が進み、健康被害の増加を招くことになる。

6.アナログメーターに交換して
まず、スマートメーターを包んでいたシールド生地を取り外す作業で、電磁波過敏症でない夫が、頭や体がふわっとして気分が悪くなってしまった。そしてアナログに交換後、電磁波に敏感である私は、空気感が変わったと感じた。計測すると住居内の電磁波の数値は当然下がったが、驚くべきは玄関に設置されているメーターから遠い2階奥の子ども部屋の数値が激減してた事だった。私個人の実感は、腑抜けのようだった体に力が入りやすくなった。疲れが取れやすくなったのは確実である。

7.支援してくれた方々に感謝
アナログメーター交換に至るまでには藤井先生をはじめ、オルター様には多大なご協力をいただいた。オルター会員の皆様とオルターACの方の地道な活動の積み重ねで実現できた。配送のAさんにはいつも温かく見守っていただいている。安室先生には血液を良くするために(電磁波は血流を悪化させる)、延命法の先生をご紹介いただき、なんとか電磁波の海のような大学にも通学できている。
皆様のご理解とご支援に深く感謝申し上げます。

8.お願い
重ね重ね申し訳ございませんが、今の地域は大学に近いが非常に住みづらくなり、転居が視野に入ってきている。今回の件で自分だけではなく、近隣の住民の理解度が深く影響してくることを思い知った。大家には電磁波に過敏なそんな人はいないと言っている人がいると、面と向かって言われもした。
比較的理解度の高い地域はあるでしょうか?ご存知でしたら教えていただければ幸いです。

休会またはその他の理由により、
現在ご注文機能を停止しております。

注文再開を希望される方は
オルター本部までご一報ください。

お電話から
0721-70-2266
WEBから
info@alter.gr.jp
CLOSE